納品までの流れ・チェック体制

パッケージ印刷の中谷印刷紙工 >  納品までの流れ・チェック体制

"まかせて安心"を追求いたします

一貫生産の利便性に高品質をプラスし、最初から最後まで徹底したパフォーマンスでお客様のパッケージ作りを実現いたします。

お問い合わせから納品までの流れ

お打ち合わせ

お問い合わせ後、弊社担当者とお打ち合わせとなります。ご指定場所へのご訪問もしくはお電話、FAXにてご対応いたします。

紙の選定

お客様のご指定になられた紙にて加工していくことが基本となります。また印刷や加工をする上で不都合が生じると感じた時は弊社から選定においてのアドバイスをさせていただく場合がございます。

刷版

CTP刷版、フィルム刷版のどちらでも対応いたします。

印刷

色校正、インキ展色見本にてお客様のご確認後、印刷いたします。色見本を元に印刷をしていきます。お客様が希望する場合、印刷立会いをしていただくことも可能です。

チェック!
弊社では色見、汚れ、ピンホール等の確認を機長はもちろんのこと、事務所でも厳しくチェック作業を行っております。全ての工程で、事務所がOKを出さない限り、加工を行うことはありません。

事務所内チェック

表面加工

ビニール、マットビニール、プレスコート、PPフィルム貼、箔押しなどの表面加工を行います。

チェック!
加工前に事務所で品質チェック作業を行います。

事務所内チェック

トムソン

打ち抜き加工です。パッケージの折れ筋(折罫)加工をこの段階で施します。

チェック!
加工前に事務所で品質チェック作業を行います。見当ズレや罫割れがないかをトムソンマイラー、仮組み立てにて確認し、加工中もカメラ検査機で見当を厳しくチェックしております。

事務所内チェック

貼り・製函

サック貼り、ワンタッチ貼り、2コーナー貼り、4コーナー貼り、8ヶ所貼り等、様々な貼り加工を行います。

チェック!
加工前に事務所で品質チェック作業を行います。加工中も糊剥がれやキズ、汚れがないかを定期的に抜き取り確認を行っております。

事務所内チェック

預かり

クライアント様のご要望により分割納品と指定された場合に、その間の一時預かりをお受けしております。自社倉庫内で製品ごとに区分けし、大切に保管いたします。

出荷

全ての工程の最終段階で梱包作業をおこないます。お客様のご指示に従って出荷作業を行い、指定先へ納品いたします。

正真正銘の完全一貫生産で、パッケージ製作を幅広くサポート!お問い合わせはこちら!
貼り加工について
パッケージ預かりサービス
ページトップへ